カーペット清掃について

カーペットは汚れやすいです。日常にあるもので、生活に密接しています。ご飯を食べたり、化粧をしたりすることでご飯粒が落ちたり、化粧品の汚れがついたり、髪の毛が絡まったりします。これはほっておけばおくほど落ちにくくなります。気づいた時には染みついてしまっていたりします。そんなカーペット清掃の方法ですが、まず髪の毛はゴム手袋をはいて摩るだけで簡単にとれます。その他にもシミには塩が良く塩が汚れをとってくれます。汚れやべたつきが激しい場合には、重曹やセスキ炭酸ソーダ5%程度の溶液に浸した布で同様に拭き、お湯のみの布で濯ぎ拭きして仕上げます。一通りの清掃が終わったら、防水スプレーをかけておくことがおすすめです。ジュースなどをこぼしても染みつくことなくカーペットが長持ちします。時間が経過して変色の激しい汚れについては、絨毯やカーペット専門の清掃業者に依頼するのが無難です。

タワシを使用したカーペット清掃について

カーペットはサイズが大きく、使用されている素材などによって掃除するのが大変だと感じたり無理だと感じてる物の1つです。カーペット独特の手触りから髪の毛や埃などが中にはいってなかなかとれず、綺麗に掃除できないと悩む人も多くいます。そんなカーペット清掃の方法として、おすすめな道具がタワシになります。タワシはスーパーなどでも簡単に購入することができる道具ですが、タワシを使うことで綺麗にカーペット清掃が可能です。タワシを使ってカーペットを撫でることで、カーペットの奥にもぐりこんしまっている埃や髪の毛などを絡み取ってくれます。あまりに深く潜った髪の毛などは掃除機で取ることはできませんが、タワシだと簡単に取れるのでみるみる綺麗にすることができます。ただしタワシの素材自体がとても硬いものなので、力を入れてゴシゴシと擦るとカーペットを傷めてしまいますので優しく使用することがポイントです。

ゴム手袋と洗剤を使用したカーペット清掃について

カーペットは生活しているなかで埃や抜けた髪の毛などの汚れなどもありますが、ドリンクやお酒などをこぼしてしまった汚れなどが多くあります。汚れていると分かっていても、洗濯機で洗うことができず綺麗に汚れを拭きとれないと場合も多いです。そんな時に便利なカーペット清掃方法として、衣類用洗剤とゴム手袋がとても役に立ちます。薄く薄めた衣料用洗剤を霧吹きなどにいれて、カーペットの汚れの酷い部分に拭きつけます。次にゴム手袋ですりこむように優しくカーペットを撫でていきます。すると汚れがみるみる落ちていきます。汚れが落ちてきたらゴム手袋は切れにあらい、水で絞ったタオルなどで汚れた部分を拭きとります。その作業を繰り返すだけで汚れを落とすことができます。ゴム手袋自体が汚れてしまった場合は捨てるだけで後片付けも簡単なので、とても便利な方法のひとつです。

オフィス清掃業者によって「対応力のある業者、ない業者」では、仕事ぶりが全然違います! アーネストのホテル清掃では、必ず現場に作業責任者を配置します! 様々な物件を管理させて頂いている実績がある為、ご要望をビル清掃作業に反映させるノウハウがあります! ご期待以上の「清掃品質」で快適な毎日をお届けいたします! お見積は24時間いつでもスピーディーに対応いたします! オフィスのカーペット清掃のことならアーネスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにGD image supportが見当たりません!

PHPにGD image supportが有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

エラー: si-captcha.phpプラグインによると、PHPにimagepng機能が見当たりません!

PHPにimagepng機能が有効になっていない理由については、サーバ管理者にお問合せください。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)